トップページへ 熊日菊池西部販売センター ミニコミ紙|ミニコミ.com
お知らせ特集交番だよりお店紹介コラム熊本の文化
毎月色んなことやモノを特集していきます!
会社概要購読申込

第34号 2005/8/3発行

〜伴侶動物コンパニオン〜アニマルと暮す

 ここ十数年、犬または猫、あるいはその両方を、もしくは他の小動物と暮す家庭が増えてきています。現在の菊池市と合志町、西合志町では犬が一万二千三百八十八頭登録されています(平成十七年三月三十一日現在)。
 イヌ・ネコを主にした健康のポイントをご紹介しますので参考になさって下さい。

食餌
 動物も生活の基本は食餌からです。必要栄養量を単純比較しますと人と犬の体重一s当たりでは、犬の方がカロリーで一.三倍、タンパク質は四倍、Caカルシウムは二十四倍必要です。
  アスファルト路面 膝の高さ 人の鼻の高さ
6/25晴れ 8:40 37.7度 33.3度 31.4度
12:30 54度 49度 36.8度
15:25 54度 54度 38.9度
7/17晴れ 7:30 32.6度 31度 25.4度
9:30 43度 41度 34.1度
12:50 60度 47度 39度
15:20 58度 52度 42度
18:50 38.6度 36.4度 29度
 また犬と猫を比較すると、ネコの方がタンパク質・脂肪も多く必要で、タウリンとアミノ酸も特に必要とします。最近の研究結果によると日本の猫に黄色脂肪症が多くみられるという結果も出ています。
 与えると食べる・好きだから・人の食事のとき欲しがるといって人と同じ食事を与え続けますと犬猫も栄養の過不足を起こし栄養障害(過肥・内臓疾患・関節障害など)を起こしてしまいます。薄味でも動物にとっては「味の濃い食べ物」になり、より味の濃いものを好むという習性もありますので注意が必要です。ネギ・タマネギ・ニンニク・ニラの類(成分が出たダシ・スープなども含め)、チョコレート・香辛料・生の卵白・鳥の骨、鯛の骨なども与えない。
 ペットフードについて、製品の状態により水分が十%位のものから缶詰(レトルト)のように水分が七十五%前後のものまでありますが、年齢に応じたものや、成分(粗タンパク・粗脂肪などやカロリー)の表示や原材料を見て購入して下さい。また動物病院での処方食を食べている動物はそれらを食べるようにしてください。健康な犬猫などはビタミンCを自分で合成しますので野菜類を特に必要としません。
 食器(フード用と給水用)は毎日必ず洗う習慣をつけ清潔な器での給餌を心がける。
 衛生上口移しで食べ物を動物に与えない。
手入れ運動(散歩)について
 ブラッシングと散歩は欠かさず行なう。
 ブラッシングは被毛(換毛促進・毛玉にしない)だけでなく、体の異常発見にもなり、話しかけながら行なうとペットとのスキンシップにもなります。年をとった猫は、自分で体の手入れが出来にくいので、ブラッシングを特にしてあげて下さい。猫は基本的には家の中で飼うほうがワクチンのない病気を予防する意味でも安全です。手入れが終了したら必ず、手や顔を洗うことも大切です。
 暑い期間の散歩は道路が暑くない時間帯で行なう。例えば六月二十五日(土)の空梅雨といわれた日と、七月十七日(日)の気温を比較すると上の表のようになります。
 同時刻に測定していませんが、熱気とこれに湿度を考慮すると、犬の鼻の位置や体には高温の影響が人が感じるよりも影響します。犬がいるところも通風よく日陰などを考慮してください。散歩から戻ってすぐ水を与えず十〜十五分くらい後に与える工夫を。
 最近の研究では気温二十二度、湿度六十%を超えると犬が熱中症になる可能性が高くなると気象協会と獣医師の研究でわかり、インターネットでも熱中症危険予想が検索できます。
犬のマナー(これは飼い主さんのマナーでもあります)について
 散歩では、排泄物は必ず自宅に持ち帰り自宅で処理をする
 放置はもってのほかで、埋めるのは他の所有者の土地に埋めているのです。もしご自分の土地に糞が放置してあったり、埋めているのを見かけたらと想像してみてください。犬を放しての散歩は事故の元です(ルール違反になります)。
 犬と暮らし始めたら、市役所(役場)に登録をする。
 犬の戸籍ができ(一生に一度)、飼い主さんの大切な家族という証明にもなります。近い将来マイクロチップの埋め込みになるかもしれません。
狂犬病予防注射を毎年受ける
 生後三ヶ月以上の犬は狂犬病予防注射をする義務があります。日本は世界でも狂犬病が発生していない数少ない国の一つですが、海外ではこの病気は犬だけでなく、人を含めた様々な動物が発症し、治療法がないため多くの人命や動物の命が失われています。今の時代はいつ海外から、入ってくるかわかりません。忘れた方は近くの動物病院へすぐどうぞ。
しつけを根気よくする
 犬の習性、心理を学び犬と人とのコミュニケーションを図りながら、社会化できた犬を育て、動物とのよい関係、良い環境での楽しい生活をお過ごしください。
 「無駄な繁殖はしない・させない」
 最近遺伝性の病気も増えています。 また避妊・去勢は繁殖を防ぐためだけでなく、雄は前立腺の病気、ホルモンに起因する病気、精巣腫瘍、異性への関心によるストレスなどの予防にもなり、性格も温和になり長寿につながります。 雌は卵巣・子宮に起因する病気、ホルモンによる病気、乳腺腫瘍などや生理期間中のストレスも少なくなり、やはり長寿につながります。詳しくはかかりつけ、または動物病院にご相談下さい。
 まだまだ「捨て犬・捨て猫」が多くみられます。菊池保健所での取り扱う頭数も減少しつつあるようですが多いのが現状です。
 動物に関する法律も変わり、罰則も強化され、動物にとっても少し手厚く保護されるようになりました。たとえば動物を放したり(棄てるなど)すると三十万以下の罰金などに触れます。(ここでいう動物とは、人が飼養している犬猫の他、鳥、牛、馬、豚、爬虫類などに加え、人が飼養している動物全てが対象です)
 任意ですが、主に犬同士や猫同士の伝染病を防ぐ予防接種混合ワクチン、「蚊」が媒介する心臓糸状虫(フィラリア)の予防、ノミ・ダニの予防(痒いだけでなく時には致命的な病気を媒介します)などを心がけて、「無償の愛」と「癒し」を全身でしめす。また家の人が留守のときや夜などは「番」として守っている動物のために、予防と異常の早期発見と早期治療が大切です。各御家庭のペットの主治医の動物病院を持つことをお勧めします。
みよし動物クリニック
西合志町御代志一六六二-二四
電話〇九六-二四二-七四一二
診療/平日、土、日、祝日 休診/水曜日

 最後になりますが、獣医師会菊池支部(開業・団体勤務を含め二十二名)では、家畜の予防衛生、生産(人工授精など)、診療、食の安全安心に、又小動物の先生方も開業でコンパニオンアニマル等の健康やしつけに日夜励んでいます。また、今年も九月二十三日、菊池保健所と獣医師会菊池支部の共催で「動物愛護まつり」を、カントリーパークで開催します。是非、お出かけ下さい。

みよし動物クリニック 鈴木 透


この樹のキノコ ウスキキヌガサダケ

 中華料理の高級コースでキヌカサダケのスープというのを頂いた。そのときまで、キヌカサダケはキノコの本でしか見れない存在だった。感慨ひとしおだった。

 六月の末頃から、竹林に発生するというそのキノコは、一目でその姿を記憶してしまった。にょっきり伸びた白い柄のまわりに純白のレースをまとった形をしている。

 キノコの女王様とでも呼ばなくてはいけないなと思ってしまう。

 だが、写真を見てそう思うのだが実物にはお目にかかったことがない。それが、突然、中華の珍味として登場したから驚いた。澄んだ褐色のスープの中にレース状のものもちゃんと浮かんでいた。

 おいしかった。

 いや、キヌガサダケに味があるのかどうか定かではないが、それまでの憧れの気持ちも加わってか至福の味覚だと思えたのだ。

 それから現在まで、やはりキヌカサダケに会えてはいない。一度会いたい。優美な姿をこの眼で見てみたい。そんな願望がつもりつもっている。

 昨年九月上旬のこと。県北の渓谷を歩いていて、わが眼を疑った。

 なんと、雑木林の間にキヌガサダケらしきものが見えた気がした。一本だけぽつんと。

 まさか?

 あわてて近付く。ここは竹林じゃないぞ。キヌガサダケは、梅雨の終り以降の時期だよな。もう初秋だぞ。

 まちがいなくキヌガサダケだ。スッポンダケが大きい網目のレースをつけているような姿だ。やっと会えた。

 身体がぞくぞくした。あわてて、持っていた携帯電話のカメラで、その姿を写す。

 そのときになって初めてオヤ?と思う。

 全体が薄く黄色がかっているのだ。

 私が頭脳にインプットしているキヌガサダケは純白だったはず。ということは、これは亜種?

 とって帰って食べようか?それともここに残しておくべきか。頭の中は葛藤でぐるぐる巻きだ。帰って図鑑で調べてわかる。ウスキキヌガサダケというのだ。

 だが、キヌガサダケよりも珍しい種類らしい。そうだったのか?では、よしとしよう。

 で、食えるかどうかというところでは、(不明)になっていた。

 あのとき私は、自然を保護したのだ。そう自分に言い聞かせている。

梶尾真治


backnumber

ページ上部へ

Copyright